医療法人社団うすい会 高陽ニュータウン病院|内科|循環器内科|消化器内科|肝臓内科|脳神経内科|整形外科|小児科|眼科|放射線科|広島県広島市

 

DPCとは

   
厚生労働省が推奨する会計方式で、病名や診療内容を分類し、分類ごとに定められた料金で入院日数により計算する方式です。ただし、分類に該当しない病名や診療内容の場合はこれまでどおりの出来高払い方式となります。
 
 
労災、交通事故 等の自由診療は包括評価(DPC)方式の対象とはなりません。
DPC包括評価は、ひとつの病名に対し入院医療を行うことを前提とした制度です。
そのため、他の病気の治療や検査などを希望された場合は、退院後にお願いすることがあります。
入院中に病名が変わった場合などは、退院時に過不足分を調整します。退院の月だけ請求金額が高額になったり、低額になったりする場合もございますのでご了承ください。
入院費は月1回の請求となります。
そのほか、包括評価(DPC)方式で計算されない場合がございますので、詳しくは入院医事課までお問い合わせください。 
 

DPCで「変わること」「変わらないこと」Q&A

DPCで「変わること」「変わらないこと」Q&A
 
Q1.DPCという計算方法により、医療費はこれまでとどのように変わるのですか?
 
 DPCとは診療行為のごとに料金を計算するまでの「出来高方式」とは異なり、患者さまの病気、病状をもとに、診療内容に応じて定められた1日あたりの定額料金を基本に計算する新しい方式です。1日あたりの定額料金は、診断群分類(1,572分類)と呼ばれる区分ごとに厚生労働省が定めています。
 また、この料金に含まれるのは、入院料や検査・注射・画像診断等で、手術等についてはこれまで通り「出来高方式」で計算されます。また、食事料金はこれまで通り1食あたりの計算となります。

Q2.医療費の支払い方法はどのように変わるのですか?
 一部負担金の支払い方法は、これまでの方法と基本的に変わりありません。
 ただし、入院後の病状経過や診断内容によって診断群分類が変更となった場合には、請求額が変わるため、退院時等に前月までの支払額との差額調整を行うことがあります。

Q3.すべての入院患者さまがこの制度の対象となるのですか?

 患者さまの病名や診療内容が、診断群分類のいずれかに該当すると主治医が判断した場合に、新たな計算方式(DPC)により医療費を計算します。
 病名等が、この診断群分類のいずれにも該当しない場合には、これまでどおりの「出来高方式」の計算となります。「出来高方式」となる主な診療は、以下のとおりです。

 ① 自然分娩  ② 健康保険を使用しない交通事故の疾病
 ③ 労災による疾病  ④ 人工透析を行う場合
 ⑤ その他高度先進医療を行う場合

Q4.高額療養費の扱いはどうなるのですか?

 高額療養費の取り扱いはこれまでと変わりありません。
qrcode.png
http://www.usuikai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
027376