医療法人社団うすい会 高陽ニュータウン病院|内科|循環器内科|消化器内科|肝臓内科|脳神経内科|整形外科|小児科|眼科|放射線科|広島県広島市

 

CT・MRIのご紹介

 

CT

CT
 
CT(GE社製 64列マルチスライスCT)
 
X線を使って身体の断面を撮影する検査です。体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓、大動脈、気管支、肺などの胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変の検査を得意としています。 
高性能CTで
容易に狭心症の診断が可能
短時間撮影で3D画像も鮮明に
 

MRI

MRI
 
MRI(Philips社製 1.5テスラ)
被ばくせず、より鮮明な画像で様々な病巣を発見することができます。特に脳、脊椎、四肢、また子宮、卵巣、前立腺等の骨盤腔に生じた病変の検査を得意としています。
   
 当院はGE(ジェネラルエレクトリック)社の64列MDCTを数年前より稼働しておりますが、新病棟になりさらにPHILIPS(フィリップス)社の1.5TのMRIが導入されました。
 CTは通常のX線検査と同様に多くの制約もなく、短時間で全身の検査ができますが、MRIは磁気を使用しての画像検査ですのでその為の制約があります。体の内外の金属類はもちろんのことですが、刺青、化粧品、下着等の素材、撮影時の手足の位置などに注意していただく必要があります。さらに検査時間も長く、精神的・肉体的に苦痛を伴うかもしれませんが、整形外科分野等MRIでないと見ることができない画像が得られるため、現在の医療には欠かせない機器です。
 当院では医師の指示のもと、皆さまにご安心・ご納得いただいた上で適切に検査を施行しております。
 
高陽ニュータウン病院 診療放射線科
qrcode.png
http://www.usuikai.jp/
モバイルサイトにアクセス!
024213