本文へ移動

医事科・診療情報管理室・事務

医事科

外来受付

受付は当院に来院された患者様・ご家族様と最初に接する部署として、皆様に安心感を与えられるよう笑顔で思いやりのある対応を常に心がけております。窓口では外来・入院受付、健康診断の受付、診断書等の申請受付、電話応対、医療費の会計などを行っております。窓口にて受付した患者様のカルテを受付案内係が診療科・検査など必要な部門へ回しスムーズに診療が流れるよう努めています。その他、毎月診療報酬明細書(レセプト)の作成を行い、請求もれがないかチェックを行っております。窓口・電話では医療費、診療内容、入院についてなど様々な質問もお受けします。受付だけの判断ではなく、他部署との連携も大切にしながら患者様に適切な情報を提供できるように努めています。これからもチーム医療の一員として患者様に来て良かったと思って頂けるよう心配り・笑顔を忘れず業務を行っていきたいと思います。

入院医事

入院医事業務は、入退院の手続きおよび入院診療費の算定、請求を行っています。
保険請求業務は、会計窓口で自己負担額をお支払いされた以外の診療費を1か月の診療内容にまとめた診療報酬明細書(レセプト)を作成し、保険者へ請求するとともに診療報酬の査定・請求漏れ防止に取り組んでいます。
また、当院は「包括評価(DPC)」方式で国が医療の標準化・効率化を目的とした、病名や診療内容の分類ごとに入院1日当たりの費用を包括して定めた新しい医療の計算方法で算定するため、正確なコーディングが求められます。
この保険請求業務が医事課職員の専門性を生かした中心的な業務です。
私達は、病院の収入に直接関わることができ、仕事へのやりがいを感じています。
そして、患者様が出来るだけ笑顔になって頂ける様、うすい会の理念でもあります「個々の状況に適した最良の医療サービス」を目指し、これからもいつも笑顔で窓口業務にあたるよう心掛けたいと思います。

医師事務作業補助者

医師事務作業補助者とは、医師の指示のもと診断書の文書作成補助や診療記録への代行入力など、医師の事務作業の負担軽減を目的とした業務を行っております。
当院では、2名所属しており、消化器内科と整形外科に配置しております。
医師の代行入力はもちろんのこと、次回診察予約の取得などの業務を行っております。

診療情報管理室

診療情報管理室は2004年に開設されました。
業務内容は主に、カルテの管理や施設基準に関するデータの収集、DPCデータの管理を担当しています。DPCに関しては病院収入に直結する為、データに不整合がないよう作成する事を心掛けています。
また、2019年には電子カルテが新しい物に変わった事もありベンダーとの窓口も担当しています。開示業務に関しては、患者様と直接やり取りを行う業務なので不備無く情報を提供出来る様細心の注意を払って行っています。

事務部

事務部の構成は総務、医事(外来・入院)、経理、庶務、広報、情報システム、人事労務、施設保全、保育となっています。
主な業務内容は、医療物品の在庫管理と発注、院内の施設管理、現金収入の入金処理等、医療関係購入物品の受領と格納、「ふれあい通信」の発行、人事労務関係業務があります。
表立った部署ではありませんが、縁の下の力持ちとして日々業務に励んでいます。
0
9
0
2
5
6
TOPへ戻る